セフレという言葉には、どうして悪いイメージがあるんでしょうか?

どうしてもくそもないだろうという人だって多いと思いますが……だいたいセフレという言葉に反感を持つ人は、出会い系サイトを利用して出会いを求めるということ自体に反感を持っているという場合が非常に多いです。

私の周りにも、出会い系サイトを利用して出会いを求めることについて、あまりいいイメージを持っていない人がいるんですが、明確な理由があって出会い系サイトを利用することについて反感を持っているという人だったらその気持ちも分かるのですが、自分がまだちゃんと出会い系サイトを使ったことがないのに、なんとなく「出会い系サイトを馬鹿にする人がまわりにたくさんいるから」という理由で馬鹿にするのはどうかなあって思うのです。まあ、価値観は人それぞれなので、出会い系サイトを馬鹿にする人が間違っているわけではないのですが。

私は、大学生の頃からもう五年以上、出会い系サイトを利用しています。女性の利用者もたくさんいるうえ、女性だったら男性よりも手軽な条件で出会いを求めることができる(サイトを利用に関して料金がかからないなど)ので、出会い系サイトを利用していることに関して負担を感じることがないというか、そういう点もうれしいですね。

出会いを求めるということについて、あまりむつかしく考えたこともないんですよ。もちろん、出会うんだったらこういう男性が相手のほうがいいという最低限の希望はあるわけですが、別に其れでうまくいかなくたって、自分の希望通りの出会いがすぐに実現できなくたって期にはしないのです。一人の人とうまくいかなくても、また別の人と関係をスタートさせればいいわけですから。

私が出会い系サイトを利用する目的は、大学生の頃からずっと、せふれを募集することに限りますね。もし、真剣に出会いを求めて結婚を前提としたお付き合いを考えるんだったら、私はまず出会い系サイトの利用をやめて、婚活パーティーに参加するとか、婚活支援型のサイトに会員登録するとか、あるいはお見合いにチャレンジするとか、いろいろなことを考えなおします。

私がある程度ながい間、ずっと出会い系サイトというものを利用し続けてきた感覚で、出会い系サイトというものは、結婚を前提としたお付き合いを実現するために利用するとしたらちょっと不向きな部分もあるかなということを知っているからです。

それでも私が出会い系サイトの利用を辞めないのは、今の私が結婚というものを望んでいないからです。私が望んでいる出会いはあくまでセフレとの出会いです。どうしてセフレという男女の関係には悪いイメージがあるのでしょうか。私としては、非常に気楽な男女関係だから本当にいいと思うのですが。